エクロース家の農業日誌

(株)トミーウォーカー運営のプレイ・バイ・ウェブ(PBW)ゲーム『エンドブレイカー!』内のキャラクタのブログです。
Posted by 鏑木

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 鏑木   0 comments   0 trackback

冒険リプレイ『犯罪課vs紫の兄弟:信念の天秤』

エンドブレイカー!


 うちの子たちの冒険リプレイ『犯罪課vs紫の兄弟:信念の天秤』が出来上がりました。


 今回はエリアスでもエリナでもありません。
 兄妹をまとめてプレイヤーからの発言です。


 まずはうちの兄妹にご同行してしていただいた承認者・イヴン(c27456)さん、守りの誓い・ブライアン(c30068)さんに感謝です。

 わがまま言いまくりのエリアス君に付き合ったプレイングを書いていただいたようで、本当に頭が下がります。「いや、こうした方がよくね?」とかじゃんじゃん言っていただいても良かったんですよ? いやホントに。


 どんな冒険だったかは冒険リプレイ『犯罪課vs紫の兄弟:信念の天秤』を見てください。



 ご覧のとおりうちの子たち、
 どちらもぜんぜん活躍していません(泣)。

 おそらく同時に行なわれた FLASH戦闘(→Battle1※注・リンク先はFLASHです。)での戦功ポイントがめっちゃ低いせいでリプレイからはずされちゃったんでしょうね。


 まあそれはいいんですよ。
 ある意味プレイヤーの狙い通りでもあるわけですので。
(負け惜しみじゃなくホントにね)


 FLASHをご覧いただくとわかるのですが、うちの子たちはどちらも積極的に味方を回復する行動を取っています。そのせいで、おそらく一度か二度くらいしか攻撃に参加していないんじゃないでしょうか? ほとんどの手番で味方の誰かに回復アビリティを使っているんですよね。

 唯一エリナちゃんの今回のアビリティ「イラプション」が、自分【術30】付きの六目380ダメージなんていう殺人アビリティなのでポイントを稼げてますが、五目特化のエリアス君に至ってはポイントが二ケタ。


 だって。
 エリアス君ってこういうヤツでしょ?
 彼だったら攻撃の効率よりも、味方の負傷を癒したり誰かを攻撃しようとする敵をマヒさせたりすることを優先するハズだと思うのですよね。よっぽどじゃないと自分から攻撃に行かないでしょう。だから「あえて」こういう戦術を取っているのです。

 それでポイントが低くなっちゃったわけなのですが、まっ、しゃーないじゃん? これが本当のロール(役割)プレイング(演技)ゲームじゃないのかい? とプレイヤーは思うのです。


 エリナちゃんが回復にまわったのも同じ理由からです。
 彼女、性格はいろいろ屈折してタマに好戦的ですが、戦術自体を見るといたってオーソドックスな「負けない戦い方」を選択する子なんです。

 普段は味方が狙う敵に平均値の高い攻撃(業炎斬五目SC)をしつつ味方の手数を減らさない(要所で回復する)よう気を付け、さらに自分が回復にまわった時の為に【業炎】はギアスに変えずダメージの蓄積を狙う念の入れようなのですから。しかも以上の作戦が崩れないよう二目「自分キュア」アビリティは常に活性化してますし。

 こう見えて彼女、ソウル特化型のパラメータしてますからね。
 ホントは頭の良い子なんですよ? だからよーく考えて行動しているんです。

 で、
 シナリオのこの状況だと彼女の屈折した性格では「お兄様を守る手駒を減らさない」という思惑で回復アビリティを多めに使うだろうな、とプレイヤーは思うのです。
(ホント屈折してるな(笑))

 そう。
 これもロール(役割)プレイング(演技)ゲームなのです。


結論:
 だからプレイヤーは満足しているのです。
 ポイントは低かったけど、うちの子たちには「二人とも良くやった」と言ってやりたいのです。




●一応念のため


 以上はプレイヤー個人の考えるロールプレイングゲーム観です。

 模擬戦や闘技場に勝ちに行くのもじゅうぶんゲームを楽しむ理由ですし、キャラの性格よりも強さありきで武器を変え戦術を変え勝ちに行くのだってアリでしょう。そもそもエンドブレイカー!の公式じたいが「闘技場」というコンテンツを持っているわけですからね。そういうのを否定する気はまったくありません。

 でもなかには「そのパラメータでTRPGやったら一般判定、どーすんの!?」ってキャラクタや、ソウルがヒトケタなのにすごく頭脳明晰な長ゼリフを言っているキャラクタとか見かけますが、まぁ僕が口出しすることじゃありませんよね。
 しょせんゲームなんですから。楽しいのが一番ですよ。

「あなたにはあなたの楽しみ方がある」

 これもロールプレイングゲームの醍醐味のひとつです。


→『犯罪課vs紫の兄弟:信念の天秤』(リプレイ)
犯罪課vs紫の兄弟:信念の天秤:Battle1(FLASH)
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ekroos.blog.fc2.com/tb.php/31-7b038a7a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。